美濃和紙あかりアート展2017の日程・駐車場・アクセス、見どころと雨対策~

今年で24回目となる

美濃和紙あかりアート展(*‘∀‘)

江戸時代からの情緒を残す町並みの中に

美しく灯るあかりのオブジェ(^^)

軒先にずら~っと並んだ光の通路~

幻想的ですね(#^^#)

和紙から優しく漏れ出す、

ほんわかとしたあたたかみある灯(*´▽`*)

ゆったりと散策~

とっても癒されますね(^^)

混雑も予想される美濃和紙あかりアート展、

日程やアクセス、駐車場、見どころなど

まとめていきます(^^)/

美濃和紙あかりアート展の日程・場所情報は?

1300年の伝統を誇る「美濃和紙」

美濃和紙あかりアート展は、

美濃和紙を使用したあかりのオブジェを

全国公募して「うだつの町並み」に

展示するイベント(^^♪

2017年の日程など詳細

日程

平成29年10月7日(土)・8日(日)

午後5時~午後9時

住所

岐阜県美濃市泉町 他

会場

うだつの上がる町並み

(雨天の場合には会場を変更)

問い合わせ先

電話番号

0575-35-3660(美濃市観光協会)

見学は無料(^^♪

毎年、体育の日の前の土日に開催され、

一般部門・小中学生部門の作品500点が

うだつの町並みに並びます( ^ω^ )

うだつの町並みは「目の字通り」とも呼ばれ

東西に400m程の二本並んだ通りの間を

垂直に路地がつなぐ形状になっていて

上から見ると目の字に見えます♪

駐車場は?

●美濃小学校駐車場

会場までは徒歩で5~10分ほど

駐車台数 200台ほど

●美濃市運動公園駐車場

会場までは徒歩30分ほど

(シャトルバスあり)

夕方頃から混雑してきて、

会場から近い駐車場から埋まっていきます!

夕暮れごろからは満車状態となり、

駐車するのに時間がかかります(-ω-)/

混雑を避けるなら

◎少し早めに到着する

◎あえて遠い方の駐車場に停める

観光ふれあい広場と大型バス駐車場は

シャトルバス乗降場、関係者駐車場となるので

普通車の駐車はできません((+_+))

会場となるうだつの町並み内は

交通規制がかかるために会場内の駐車場は

車を停めることができません!!(注意)

駐車料金

駐車場はイベント運営協力金として

500円がかかります!!

シャトルバス

シャトルバスの運行あり(^^)/

区間

美濃市運動公園駐車場←→会場

時間

15:00~21:30

アクセス情報

≪車で≫

名古屋方面より

名古屋からは高速を使って1時間ほど♪

一宮JCTより東海北陸自動車道を経由し、

美濃ICまで約25分

東海北陸自動車道 美濃インターからは

国道156号線を経由し約5分

≪公共交通機関で≫

名古屋より

バスセンターから高速名古屋線(バス)で約1時間半

「うだつの町並み通り」下車徒歩1分

岐阜より

岐阜バスターミナルから岐阜美濃線

「うだつの町並み通り」下車徒歩1分

新宿より

夜行、北陸・高岡から高速バス有

長良川鉄道「美濃市駅」から徒歩10分

バスを利用する場合は、帰りの時間に注意!

バスの最終時間が意外と早いです。。(;^ω^)

早めの時間から行って楽しんだ方が良さそう♪

交通規制について

町並み全体を展示会場としているため、

10月7日(1日目は)10~22時、

10月8日(2日目)は13~22時の間

会場内の道路は通行止めとなります!!

あかりアート展の見どころ

1300年の歴史を誇る「美濃和紙」の産地で、

「うだつがあがらない」の語源でである

「うだつ」を数多く残す町並み(^^)

「うだつ」とは、

家の両端に屋根よりも一段高く設けた

小屋根つきの防火壁のこと(^^)

裕福な家にしか上げられなかったことから

「うだつが上がらない」の語源とされています

普段、見ることのないうだつ(^^)/

家々によってデザインが違っているので

こちらも注目してみたいですね♪

幻想的な町並みを散策

繊細できめ細やかな風合いの美濃和紙(*‘∀‘)

和紙をとおし温かいあかりが町並みに灯ります♪

幻想的な雰囲気の情緒あるたたずまい~

ぼーっと眺めてみるのも癒されますし、

秋の夜長~、ゆ~っくりと歩きながら

散策するのもいいですね(^^♪

あかりアート作品を見る

美濃和紙を使用したあかりのオブジェが

うだつの町並みの軒先にずらっと並びます。

出展者はプロ・アマ問わず、

一般部門と小中学生の部門にわかれていて

それぞれの部門ごとに審査が行われます(^^)

全国から公募した作品は完成度の高い

アイデア満載の作品が多くあります(^^♪

1つずつ眺めていくと面白いですね~♪

屋台グルメも~

昨年は約50店舗ほどの屋台が出ていました♪

夕暮れ時、お腹もすいてきますので

屋台グルメで夏祭りの雰囲気も

楽しめそうですね( ^ω^ )

帰りの道中も混雑が予想されますので、

少しお腹を満たしておくと安心です(*’▽’)

あかりの町並み~美濃~

美濃和紙あかりアート展の最優秀作品は

アクリルケースに入れて雨の日でも

見ることが出来るよう常設展示するイベント♪

約80点の作品が町並みの軒先に並びます(^^)

平成29年10月13日(金)~11月30日(木)

点灯時間:午後5時~午後9時

あかりアート展の当日に行けなくても

まだまだ楽しむことが出来ます(^^♪

作品の数は減りますが入賞した作品を

ぎゅっと集めたあかりの町並みを楽しめます

注意点

◎写真・ビデオ撮影について

三脚・一脚・脚立などは安全保安上、

会場内では使用禁止です!!

◎服装について

時期は10月上旬!

夜の美濃市は結構肌寒いです(+_+)

調節の出来る羽織を持参しましょう!!

◎雨天の場合

会場を変更して開催されます(^^)

昨年は体育館を使って開催されました。

ぜひ!お天気には恵まれて

うだつの町並みの中のあかりアートを

楽しみたいですね!(^^)!

まとめ

昔ながらの情緒ある町並みに佇む

たくさんのあかりのアート作品(^^♪

これだけた~くさんの作品が見られるのは

美濃和紙あかりアート展ならでは~!(^^)!

都会のあかりとは違った、

優しい包まれるようなあかりを楽しめる

美濃和紙あかりアート展(^^♪

実際に行ってみると

美濃和紙のあかりの良さはもちろん!

美濃和紙自体の魅力も感じますよ~(#^^#)

毎年開催日には出展者はもちろん!

日本全国から集まるたくさんの観光客で

賑わいます~(*´▽`*)

混雑も予想されます!

ゆとりをもって動いた方が良さそうですね♪

美濃和紙を使った間接照明などを

売っているお店もありますので、

一度覗いてみると面白いですよ。

美濃和紙製 ちょうちんインテリア照明 小型ライトスタンド ツイン藤 (白熱電球 コンセント使用タイプ)
by カエレバ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする