多治見のモザイクタイルミュージアムの子連れ体験工房!入場料も安いし雨でも楽しい!

梅雨入りももう間近~!?

雨降りの増えるこの時期

子連れで行けるスポットがなかなかない~

(;´Д`)

とはいえ!!

一日中、家の中ではもてあまし~

体力ももてあまし~間がもたない~(´・ω・`)

モールは人溢れているし、

結局無駄に出費も増える”(-“”-)”

雨でも楽しめる!!

子連れでも楽しめる~

貴重なスポットはどこ~❓(^^)❓

スポンサードリンク

モザイクタイルミュージアムって?

多治見市笠原町に2016年6月にオープンした

モザイクタイルのミュージアム(^^♪

笠原町は施釉磁器モザイクタイル発祥の地にして

全国一の生産量を誇る町でもあります。

モザイクタイルは一時期流行りましたね~。

おしゃれなカフェとかで見かけます(*‘∀‘)

ミュージアムの外観はすり鉢状に傾斜した

地面とそこに立つ土の壁、タイルの原料を

掘り出す採土場をモチーフにしています。

とても特徴的な外観で、見ただけで子どもの

テンションもアップしちゃいます。

キャッチコピーは

「タイルの昨日、今日、明日がここに。」

タイルについての情報が何でも揃い、

新たな可能性を生み出すミュージアムなのです。

スポンサードリンク

モザイクタイルミュージアムの場所や営業時間、入館料は?

住所

〒507-0901

岐阜県多治見市笠原町2082-5

電話番号

0572-43-5101

営業時間

9:00~17:00

≪入館は閉館の30分前まで≫

休館日

月曜日

(月曜日が休日の場合は、翌平日)

年末年始は休館

観覧料

300円

(高校生以下は無料)

モザイクタイルミュージアムのアクセスは?

≪電車≫

名古屋からJR中央本線下り

多治見・中津川方面行き、

多治見駅で下車!!

多治見駅から東鉄バス(約20分の乗車)

東草口行きか曽木中切行きにて

モザイクタイルミュージアム下車

≪車≫

多治見ICから約25分

土岐南多治見ICから約15分

駐車場は?

笠原中央公民館などの合同駐車場です。

ナビで設定する際には

『笠原中央公民館』に設定を!!

電話番号で設定をすると過去にその番号を使っていた

別の場所に導かれてしまうことがあるそう(^-^;

スポンサードリンク

モザイクタイルミュージアムの見どころ

大正末期から現在までの「まちとタイル」の

風景を見ることが出来ます。1万点を超える

コレクションの中から、モザイクタイルが

貼られた家庭の風呂桶などの生活用品、見本台紙や

タイルの製造機械などを楽しめます。

3つの展示室

観覧料を払うと4階から降りながら観ていきます。

≪4階≫

天井から床まで白いタイルに覆われた空間に

収集されてきたモザイクタイルの絵模様や絵タイル、

洗面や風呂などから選ばれた資料がちりばめられています。

≪3階≫

多治見のモザイクタイルの製造工程や歴史

タイル産業の歩みや製造機械、道具などの展示。

レトロなタイルや今では再現できない色のピースが

展示されています。

≪2階≫

最新のタイル情報を一元化し、

提供する産業振興フロアになっています。

コンシェルジュカウンターでは~

タイル選びや施工の相談もできますよ♪

モザイクタイル産業の歴史とデザインを

めぐることが出来ます♪

スポンサードリンク

体験工房の予約や価格は?

◎貼り子体験   800円(要予約)

25mmタイルが縦横11個ずつ並ぶ貼り板で

タイルシートを制作!!

板の上で小さなタイルを並べて模様を作ります。

出来たらカットしてコースターや窓枠の飾りに♪

土日祝、13:30~(一日1回)

1回の所要時間は約1時間

(説明・貼り子体験・乾燥時間を含む)

◎ワンコイン工作   500円

好きな小物にモザイクタイルを貼って、

自分だけのオリジナルを作ります。

タイルの色や形、サイズも自由自在!

小さなお子さんも楽しく作ることができそう♪

受付時間 9:00~16:00

所要時間 約30分

子連れで楽しむ

観覧料を払って4階まで行く際には

階段がおススメ!

なんとも神秘的な雰囲気があります。

もちろんエレベーターも完備!

ベビーカーの際には安心してエレベーター

を使えます♪

≪ミュージアム・ショップ≫

タイルを使ったアクセサリーや箸置き

館内の内装に使われているタイルといった

アイデア次第で使い方が広がるアイテムが。

地元のタイルメーカー製品、

モザイクタイルミュージアムのオリジナル商品が

バラエティ豊かに揃っています(^^)

一日は遊べませんが、

雨でも安心して行くことのできるスポットです(*‘∀‘)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする