常滑焼まつり2017の日程・アクセス・穴場駐車場は?子連れで楽しむ方法~

今年で51回目の常滑焼まつり(^^♪

常滑焼の窯屋さん、作家さん、問屋さんなど

一同に会した大即売市の焼き物まつり!(^^)!

若手作家さんの1点ものやレアな焼き物、

普段つかいの食器もお安く手に入る(^^♪

ぎゅぎゅっとお店が集まっているから

あちこち回らなくてもいいのも嬉しい♪

どんな出会いがあるのか~

楽しみな焼き物まつり( ^ω^ )

詳細情報やアクセス、駐車場など

あとめておきます(^^)/

常滑焼まつりの詳細

第51回 常滑焼まつり

▶開催日

2017年10月14日(土)・15日(日)

9:00〜18:00

(会場により異なる)

▶場所

☆ボートレースとこなめ

☆セラモール

☆やきもの散歩道

☆イオンモール常滑

▶問い合わせ先

常滑商工会議所(常滑焼まつり協賛会)

電話番号 0569-34-3200

各会場へのアクセス

焼まつりの会場は4か所

  • ボートレースとこなめ
  • セラモール
  • やきもの散歩道
  • イオンモール常滑

セラモールだけは少し離れますが、

4会場とも常滑駅周辺なので

まずは常滑駅周辺を目指します(^^)

≪車で≫

名古屋方面から

知多半島道路「大高IC」または「大府西IC」

→半田中央JCT→セントレアライン「常滑IC」 または「りんくうIC」

東京方面から

東名高速道路→豊田JCT→伊勢湾岸自動車道「大府IC」

→知多半島道路「大高IC」 または「大府西IC」

→半田中央JCT→セントレアライン「常滑IC」または「りんくうIC」

大阪方面から

名神高速道路または東海北陸自動車道

→名古屋高速「小牧IC」→知多半島道路「大高IC」 または「大府西IC」

→半田中央JCT→セントレアライン「常滑IC」または「りんくうIC」

≪公共交通機関で≫

名古屋鉄道「名鉄名古屋駅」→(常滑線)→名古屋鉄道「常滑駅」 約35分(特急)

大人料金は660円

≪注意≫

ミュースカイ(全席指定の特急)は

常滑駅には停車しません!!

シャトルバス

名鉄常滑駅からは無料シャトルバスで

4会場を回ることができます(^^)/

シャトルバスは9時〜17時まで!!

約30分間隔で運行しています( ^ω^ )

タクシー

安全タクシー  0569-35-4360

名鉄知多タクシー  0569-37-1112

サンレータクシー  0569-37-1122

穴場駐車場は?

目的の会場があるのなら、

もちろんその近くがイイのだけれど

なんせ混雑しているので思うようには

駐車場がみつかりません(-ω-)/

私的に穴場!おすすめな駐車場を

順番にご紹介(^^)/

①ボートレースとこなめ

無料駐車場は約3000台!(^^)!

イオンモール常滑とやきもの散歩道の

間にある大きな駐車場(^^♪

時間制限もなく、

混んでいても多少なり動きます(*’▽’)

②イオンモール常滑

駐車台数は約4000台!!

駐車料金は最初の6時間は無料、

その後は30分200円。

6時間以上になると料金がかかりますが、

多少待てば停められます^^

シャトルバスを使えば他の会場の距離も

さほど気になりません(^^)

③セラモール

駐車場は約300台分!!料金は無料♪

セラモールのみを目当てに来るなら、

ここの駐車場に停めたいところ!(^^)!

他の会場も見るなら別の駐車場に停めて

シャトルバスを使う方が効率的♪

④やきもの散歩道

普段の土日は駐車料金500円ですが、

焼まつりのときは無料に(^^♪

やきもの散歩道大駐車場と

陶磁器会館の駐車場があり、

どちらも40台ほど停めれます。

やきもの散歩道の駐車場は台数が少ないうえ

歩いている人が多く、交通規制もされていて

渋滞していることが多い!!

別の場所に停めてシャトルバスがおすすめ。

各会場の特徴と見どころ

それぞれの会場ではいろいろなイベントが

開催されていたり、特色も様々!(^^)!

会場ごとに特徴と見どころをまとめます♪

ボートレースとこなめ

住所

愛知県常滑市新開町4−111

電話番号

0569-35-5211

屋内会場で冷房完備♪

快適に買い物ができます(*´▽`*)

子どものボート試乗会などの

ファミリー向けイベントもやっているので、

普段ボートレースに行かない人も子どもも

楽しめちゃう(*´▽`*)

さらに、ボートレース場の屋台グルメや

常滑のお土産物もまとめてゲットできます♪

託児もありベビールームもあり!

ファミリーには嬉しいスポットですね(^^♪

セラモール

住所

愛知県常滑市金山上砂原99

電話

0569-43-7111

国内最大級の焼き物のショッピングモール!

広~い敷地内には17件の陶器店、

2件のエクステリア商社と運送会社も♪

私も常滑焼を探したい時には

まずのぞいてみる場所(^^♪

普段からお安く常滑焼が手に入りますが

焼まつりではさらにお安くなります♪

さらに、お値段交渉もオッケーみたい(^^)

こういうやり取りも楽しいんですよね♪

普段の買い物とは一味違う醍醐味( ^ω^ )

やきもの散歩道

住所

愛知県常滑市栄町3−8

電話

0569-35-2033

常滑といったらやきもの散歩道!!

というくらい、

みんなのお目当ての場所では!?

各店舗でいろいろなイベントも開催~♪

一店舗ずつは大きくはないですが、

雑貨屋さんや食べ物屋さんもあって

散策するだけでも楽しくなる場所です♪

イオンモール会場

住所

愛知県常滑市りんくう町2丁目 20-3

電話

0569-35-7500

子連れには安定のイオンモール!!笑

体験コーナーやイベントもあり、

子どもも楽しめるのが嬉しいですね(^^♪

フードコートやレストラン街もあるので、

食事にも困りませんしね!(^^)!

帰りがけに買い物やお腹を満たして~

とかもできちゃうのが嬉しいですね(^^)

その他の施設

・日本モザイクタイル

・INAXライブミュージアム

・とこなめ陶の森

・常滑焼ヤマタネ

などでも様々なイベントや催しが行われます♪

常滑焼まつりのFacebookに最新情報がでています♪

常滑焼まつりのまわり方と攻略法

年に何度かは遊びに行く常滑。

常滑焼まつりも大好き~(^^)/

私なりのベストなまわり方を書いておきます♪

(あくまで私のベストです!!笑)

車はボートレースとこなめに駐車。

シャトルバスに乗ってセラモールへ!

先に遠い所から攻めます(^^)

セラモールはたくさんのお店がぎゅ~っと

集まっているので、むやみに歩き回らず

お気に入りの焼き物に出会える確率が

高いように思います(^^♪

体力も温存できますね~♪

ここで満足できたら早めに帰るもよし♪

もちろん私は帰りませんが(*´з`)

買ったものが多ければ一度車に戻るか、

セラモール内にある宅配会社から配送を♪

次にやきもの散歩道へ!(^^)!

ここにはカフェやパン屋さんもありますので

腹ごしらえしつつ、散歩道をふらふら♪

昔使っていた窯をギャラリーにしていたり

こんなところに!?という場所に

隠れ家的なカフェがあったりと、

探せば探すほど発見のある場所です(^^♪

歩き疲れたら、シャトルバスで

ボートレースとこなめに戻ります(^^♪

最後にボートレースとこなめものぞいて

出店で売っているのもを買って帰ります♪

歩き疲れて足はパンパンですね~

でも、いいお買い物ができると気分爽快♪

この日ばかりは絶対スニーカー!!

をおすすめします~(*´▽`*)

子連れ我が家の楽しみ方

今年はイヤイヤ期に片足つっこんだ

ぽこ(娘)を連れ参戦予定♪

混みこみの常滑焼まつりを楽しみ、

しっかり欲しいものをゲットする攻略法を

練りに練ってみました(^^♪

朝一から参戦したいところですが、

お昼ごはんなどの心配があるので、

早めの昼食を摂ってから~GO!!

駐車場は定番のボートレースとこなめへ♪

朝イチにきてお昼には帰る~人もいるので

多少待てば駐車場は停めれそう♪

ぽことパパはココでお留守番を(*’▽’)

2時間以内に戻る約束でママは別行動!!

シャトルバスでセラモールへ!(^^)!

ざざ~~っと1時間程度で探して、

買ったらすぐ戻る!!

まだまだ見たい~けど、そこは我慢!

戻りのバスの時間は先に確認を!!!

その後、ぽこ&パパと合流(^^♪

ぽこのご機嫌が悪ければボートレース内の

焼き物を見て終了!!

ぽこの機嫌が良ければ散歩道へGO~(^^)/

カフェでお茶でもしつつ~

お散歩しながらママは焼き物散策(^^♪

夕方になる前に駐車場へ戻り帰宅~!!

っと、こんな流れを想像しています(^^)

イオンで待っててもらうのもアリか…

相談しつつギリギリまで悩む予定です(*’▽’)

まとめ

常滑焼の祭典~常滑焼まつり♪

毎年、楽しみにしている人も多いはず(^^)

私もその一人です~(*´▽`*)

当日はとっても混みあいますが、

行ったら絶対楽しい(*’▽’)

子連れで行くなら、

お目当ての会場の優先順位を決めて

どこから回るのかや、

子どもは一緒に回るのかどこかで待つのか~

など、作戦をたてることをおすすめします♪

素敵な焼き物と出会えますように~(*’▽’)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする